在留外国人は、2018年末時点では273万1,093人で過去最多、不法残留者も約66,500人と年々増加しており、入管法違反(不法就労助長罪)や警察による偽造在留カード摘発などの犯罪も急増しています。中でも偽造在留カードは目視や法務省入国管理局在留カード等番号失効情報照会サイトでも確認しきれない、偽造の巧妙化が問題となっています。

◆注目!偽造カードをすぐ見破れる「本人確認装置」◆

目視では見破れないカード情報を「本人確認装置」に挿入するだけで、ICチップを読み取り、電子署名による判定で、偽造カードをすぐ判断することができます!

カード内の情報をすぐ帳票化でき、CSV形式として保存も可能!
的確な管理体制、コンプライアンスを強化できる等、様々な業界から注目されています!

真がん判定について

カードを通すだけで…
カードを通すだけで

すぐ偽造判別可能、カード内の情報がひと目でわかります!

◆主な導入事例◆

・携帯電話販売代理店様
不正な本人確認書類での契約を防止することができました。
・プラント会社様
施設内への入館手続きをより正確化するために導入しました。
・信用保証協会様
保証申込審査時に本人確認書類を正確化することができました。
・金融機関様
新規契約時、在留カード確認をより厳密にするために採用しました。
・食品製造メーカー様
工場にて外国人雇用時の就労制限確認等を明確化できました。
好評販売中!
リース提供【月々1万円】も承ります!
まずはお問合せください! TEL:042-739-9321  担当:小林
お問合せ内容
メールアドレス (必須)
お名前 (必須)
会社・部署
(企業様のみ)
お電話番号
お問い合わせ内容