特定技能「介護」で就労しながら
「介護福祉士」「看護師」国家試験合格を目指す中国人看護師を紹介

日本は労働者人口減少、高齢化社会で人材不足に陥っている中、
2019年4月に労働を目的とした新在留資格外国人特定技能制度が施行されました。
労働を目的とした特定技能14業種のうち、最も注目されているのが介護です。

エヴァーウィンでは、登録支援機関として中国の看護師資格を有し、日本語能力2級(N-2)以上の中国人看護師を紹介します。
特定技能「介護」で就労しながら、さらに日本語や介護スキルを学び、介護福祉士、看護師国家試験合格を目指します。
合格後は在留資格「介護」「医療」に変更、国内で無制限の就労が可能になります。

登録支援機関として優秀なエヴァーウィン外国人管理社員が日本語、仕事面、生活面をサポート。
そのほか、国家試験対策や受験諸手続き、在留資格変更手続きまで、エヴァーウィンにしかできないサービスがついています。
2020年5月に首都圏、北海道で5名の「介護」特定技能1号が誕生、介護の実務もこなしながら看護師国家試験合格を目指しています。

介護福祉士紹介事業

介護福祉専門学校卒業の外国人留学生を紹介

エヴァーウィンでは、外国人留学生が日本語学校在学中に介護補助のアルバイト経験をし、介護福祉専門学校へ進学できるようサポートしています。
介護専門学校では日本人と同じ授業、さらに経験を重ね、立派な介護福祉士に成長します。
すでに首都圏で日本語学校から介護福祉専門学校へ進学した4名のネパール人介護福祉士が誕生、在留資格「介護」で就労しています。

看護師紹介事業

日本の看護師資格を取得した優秀な中国人看護師を紹介

中国・日本両方の看護師資格を取得、就労経験のある中国人看護師を紹介します。
外国人が日本の看護師になるには、自国の看護師資格を有し、日本語能力1級(N-1)取得、厚生労働大臣の受験資格認定を受け、看護師国家試験に合格しなければなりません。
エヴァーウィンでは、提携している中国の大学、看護学校、国営企業の交流会等で日本の看護師を目指す看護学生に説明会を実施。
日本語学習から国家試験合格までをサポートし、看護師資格を取得した中国人看護師を紹介しています。
国内外の看護師・准看護師および在籍数は150名以上、全国の医療介護現場で活躍しています。

中国での説明会

お問い合わせ お申込みはこちら

お問合せ内容
メールアドレス (必須)
お名前 (必須)
会社・部署
(企業様のみ)
お電話番号
お問い合わせ内容